なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。





ショック>惑星数−1

2006/08/24
ニュース等で話題になっていますが、IAU(国際天文学連合)の総会で今まで曖昧になっていた惑星の定義が決議されるらしい。

問題になっているのは冥王星。
発見当時は、他の惑星並の大きさがあると考えられていたから問題なかったが、その後、
・実際の大きさが1000km余と小さいことが分かってきたこと(月よりも小さい)
・軌道が他の惑星とは明らかに異なること
などから、惑星として疑問視する声が相次いでいた。

さらには、その後の観察によって冥王星より外側に(火星−木星間にある)小惑星帯と同じような小天体群の存在が発見されたこと。
その中には冥王星を上回る大きさの天体の存在も明らかになったこと。

以上のことから、今回のIAU会議では、
「冥王星が惑星として認められるなら冥王星よりも大きなこれら天体も惑星にすべき」という主張(全部で惑星12個)が出されたことから今回の騒動が始まった。

この時点で、
「全惑星を自分の眼で実際に見た(眼視確認した)」
という密かな自慢をもつ自分としては、『うーむ、セレスは問題ないが..』。

が、昨日になって事態が急変し、今度は
「冥王星を惑星から外す」という方向になった。
新たに3個新惑星を認めたら、今後の観察でさらに新惑星がぞろぞろ発見される可能性が大になるから..
ならば、冥王星が他の惑星とは(大きさも小さく軌道も異なるから)違うのだから惑星の定義には該当しないということにするのが妥当?
ということになったらしい。

う〜む、今になって冥王星が惑星から格下げ?というのは..だったらそっとしておいて欲しかったなー。
水星〜海王星までなら望遠鏡があれば比較的簡単に眼視確認できます。なぜなら、
望遠鏡で見る惑星は明らかに他の恒星とは異なり大気によるちらつきがありません。
(恒星は∞先なので明るい星でも点にしか見えず、大気の影響でちらつきます)
惑星は面積があるので拡大すれば丸く見え、その場で惑星と確認できるからです。

ところが冥王星は、∞ではないにしろ一番太陽系から離れていて小さく暗いため、並の望遠鏡では他の恒星と区別できません。
冥王星発見者トンボーは計算に基づき予想位置を写真に撮って存在を証明しました。

なお、私が行った冥王星の眼視確認は、
[1]その日の予想位置へ望遠鏡(口径25cm反射望遠鏡)を向け、中高倍率でとにかく予報星図にある冥王星位置付近の星をくまなくスケッチしておく。
(冥王星と思われる星に印を付けておく)この段階では確認したことにはなりません。
[2]翌晩か、次の観察日に前回の観察位置に再度望遠鏡を向け、前回スケッチと較べる。
(冥王星と思って印を付けた星が移動して見えない=半信半疑で確認したことになる)
[3]半信半疑状態が確信できるまで[1]と[2]を繰り返す。
以上の手順で約1ヶ月間行いました。
今から10数年前、冥王星が海王星の軌道よりも内側にあって地球に近かった頃の話です。
地球に近かった頃とはいえ、明るさは約14等星=暗い星(糠星)ほど数が増えます。
当時、冥王星付近の15等級まで載った天文雑誌の予報星図を基に観察。
持っていた25cm反射望遠鏡の極限等級に近い暗さですが、(空が暗かったので)予報星図にある14等級の星は殆ど見ることができました。
残念ながら、冥王星確認に使った25cm反射望遠鏡はその後手放してしまってありません。

以上のことから、冥王星というと、とても懐かしくもあり、自慢の一つでもあったので、今回のIAUの決定が気がかりです。
作者 南砺龍吉
ブログなんと!−e星空..*・☆
INFO南砺市に生まれ現在に至る。自然環境(美しい星空)に恵まれた南砺市を全国にアピールしたい。 画像の著作権は放棄していません※無断利用、直リンク等禁止※ ■■Monitor check■■ ■■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■ 全ての色が異なって見えればOKです。 new TWTR.Widget({ version: 2, type: 'search', search: 'tenkijp', interval: 6000, title: 'tenkijp', subject: '天気JP', width: '168', height: 600, theme: { shell: { background: '#333333', color: '#ffffff' }, tweets: { background: '#000000', color: '#ffffff', links: '#4aed05' } }, features: { scrollbar: false, loop: true, live: true, hashtags: true, timestamp: true, avatars: true, behavior: 'default' } }).render().start(); new TWTR.Widget({ version: 2, type: 'search', search: 'earthquake_jp', interval: 6000, title: 'earthquake_jp', subject: '地震情報', width: '168', height: 600, theme: { shell: { background: '#333333', color: '#ffffff' }, tweets: { background: '#000000', color: '#ffffff', links: '#4aed05' } }, features: { scrollbar: false, loop: true, live: true, hashtags: true, timestamp: true, avatars: true, behavior: 'default' } }).render().start(); new TWTR.Widget({ version: 2, type: 'search', search: 'nannohi', interval: 6000, title: 'nannohi', subject: '今日は何の日', width: 168, height: 480, theme: { shell: { background: '#333333', color: '#ffffff' }, tweets: { background: '#000000', color: '#ffffff', links: '#4aed05' } }, features: { scrollbar: false, loop: true, live: true, hashtags: true, timestamp: true, avatars: true, behavior: 'default' } }).render().start();


Copyright (C) nanto-e. All Rights Reserved.