なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。





2階の窓から

2010/11/22
2階にいるとTVの音が聞こえないので
外の音がよく聞こえる。

リンリンという音、托鉢のお坊さん!

珍しいと思って窓の外を見ると
小学低学年の子供達5名位、
先頭と最後尾に先生を従えて
歩いている。

ランドセルについている
熊よけの鈴の音だった。
けっこう大きな鈴をぶら下げている。
まさか駅前には熊は出ないでしょうが
登下校の出需品なんですね!

先日、平の女性部役員の方、「今病院へ
行ってきた」っておっしゃって
皆、どうしたの?
って聞くとご主人が会社の前にある柿の木を
チェーンソーで切り倒している処へ
大人の熊がいきなり襲ってきたそうです

あんな大きな音をだす電気のこぎりにも
関わらず、襲ってくるなんて
よっぽど熊もお腹を減らしているんでしょうね

それなのに美味しそうな柿がなっている
木をきっている人間に腹をたてたのかも
しれません。

事務所にいた奥さんもけがをされ
そして病院へ行ってこられたと言う訳です。

大きなお怪我でなくて不幸中の
幸いでしたが、熊もご主人に電気のこぎりで
抵抗され、手負いの熊になり付近の人は
気を付けておられると言う事でした。

熊と人間の共存、元来食べ物さえ豊富に
あれば、臆病な熊は昔から人間に
襲ってくることは余りないと言います。

森林整備に補助金を多く出して
山に詳しい方達にお仕事を
して貰い、山、森、林、里の
環境を、生き物皆に優しい
空間にする、それこそ
なんとの里山を創造する
根本であると思うのですが・・

今も外では  「熊注意」  の朝夕の
パトカーが廻っている。



Copyright (C) nanto-e. All Rights Reserved.