なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。





日本人はどこから来たか。

2006/10/26



 庭の宿根ソバの花が
 いま盛りと咲き始めた。

 きのうから、
 北日本新聞で、連載が始まった。
 日本人の歴史を探る
 縄文VS弥生である。
 目立たない、1段記事ではあるが、
 興味のあるテーマである。

 富山県でも、
 南砺市あたりは、比較的に
 縄文人の血が色濃いと思っている。




 最近出版された、
 この本の表紙は、なんと、
 南砺市立野ヶ原の石器である。
 雄山閣は、この世界のトップ出版社。
 (撮影:風間耕司)

著者は、
 現、魚津市図書館長の
 麻柄一志さん。
 学生時代から、立野ヶ原の
 発掘調査に参加された。

 最新の考古学の研究成果に、
 南砺市も深くかかわっている。


 2万年〜3万年前の
 南砺市のご先祖様は
 シベリア、北海道ルートのようである。
 いわば、アイヌ系か。
 いずれは、
 立野ヶ原の物語として
 まとめたい。
作者 奥のほそみち
ブログなんと万華鏡
INFO石崎光瑤に感動し、棟方志功に共鳴するお仕事です。運転しないから、人の行かない裏通りや、細い道をひたすら歩く。 そこで見つけた話を紹介したい。 雪吊を終えたる樹々の斜塔めく あさぎり


Copyright (C) nanto-e. All Rights Reserved.